4/7(日)東京で麦味噌作り教室を開催します!

笹村
笹村

発酵 管理栄養士の笹村望です。

はじめましての方はコチラからどうぞ。

私が本物の管理栄養士になれた理由

活動内容について

好きなときに講座を受けたい方へ

8月イベント情報はコチラ

4月7日(日)に

東京都 世田谷区にて

九州麦味噌作りワークショップを

開催いたします。

 

下記、概要になります。

 

お申込先

コチラからお申込ください。

(URL:https://paymo.life/shops/xpKq5EA0Kr/nezTJLN6vr)

 

どうして麦味噌作りを広めているのか

 

どうして、わざわざ麦味噌作りを

色んな県でやっているんですか?

 

どうして、笹村さんが広めているんですか?

 

味噌作りなんて、誰がやっても同じじゃないんですか?

 

ってよく聞かれます。

 

 

味噌作りは私の命の原点であり

活動の原点。食の原点なのです。

ここをお伝えさせてください。

 

 

料理嫌い人嫌い自分嫌いアトピー管理栄養士が出来上がるまで

人と向き合えなくなった過去

 

私は小さい頃から

アトピーや肌荒れに悩んでいました。

 

中学2年生の春に両親の離婚が決まり

横浜から福岡に転校したときに

 

都会から来た肌が気持ち悪い人

ということで

陰口もたくさんたたかれました。

 

だんだん

人の目線が怖くなっていって自分で勝手に

 

私は友達なんて必要ない。

私は一人でも生きていけるタイプなんだ。

大体、人が群れているなんて気持ち悪い。

 

と決めつけて、人と距離を置くようになります。

 

それでもやっぱり肌のことを言われるのが

聞こえて、すごく不快だったので

 

毎日、100均で買ったリキッドファンデーションを

肌が見えるところに塗りたくって

 

足がなるべく見えないように

靴下に、ノリを塗りたくって

足につけていました。

 

 

高校生になって、部活動を通して

友達ができるようになるのですが

やっぱり肌を出すのは無理・・・。

 

そんなとき、高校の家庭科の先生が

どえらい美人さんで肌もきれいで

 

こんな美人な人がこの世界にはいるのか

とびっくりして。

 

もしかして、家庭科や食の事を勉強すれば

アトピーも治って友達もできるのかもしれない。

 

そしたら、私も高校の家庭科の先生になって

自分が嫌いとか食事のこととかで悩んでいる人を

助けたい。

 

と思って、勉強を頑張って

管理栄養士の資格が取れる大学に行きます。

 

料理や人が怖いことを学ぶ大学時代

 

大学に合格してこれで晴れて

今までの悩みが解消されるぞ!と思っていました。

 

だけど、勉強しても

アトピーは治らなければ

人との関わり方も分からないまま・・・。

 

表面的な友達はいたにしても

心から自分の事を話せる人がいなかったのです。

 

そして、大学の調理の時間が

全然楽しくないことにも気づきます。

 

自分でレシピを考えて作って

誰かに食べてもらうってことが

怖くて怖くて仕方ありませんでした。

 

自分に自信がなさ過ぎて

自分の料理を食べても、きっと

誰も美味しいって言ってくれるわけがない

って思っていました。

 

そして、自炊さえあまりしていませんでした。

大学の学食かコンビニ弁当の日々。

 

 

勉強面では、単位が足りずに

家庭科教諭の夢は破れて

 

病気で入院してしまう前に

私で何か出来ることがあれば

との思いで、ドラッグストアに就職します。

 

自分の管理が出来ない管理栄養士の誕生

 

お客様の栄養相談をさせていただく日々でしたが

人の相談には乗って、サポートできるのに

自分の事は疎かになっていくばかりで

特に食事は更に疎かになります。

 

夜遅く、朝早くから力仕事なので

自炊なんて出来なくて

 

毎日の食事は、ドラッグストアに売っている

・レンジでチンするパスタ

・カップラーメン

・菓子パン

・アイスクリーム

・チョコクランチ

・栄養ドリンク

 

そのくせ、周りの管理栄養士が

美人で細い人ばかりだったので

憧れと嫉妬が入り交じって

私も可愛くなりたい、細くなりたいって思って

 

1日の摂取カロリーを落としていたのも

懐かしい思い出。

 

 

そんな中、段々と眠れなくなる日々が続いて

労働環境、人間関係が原因で

うつ病になり休職からの退職。

 

生きる価値が無いと悟った無職時代

働けないし

料理も出来ないし

人の為になにか出来るわけでもない。

 

こんな自分生きてる価値ないなって思いながら

ずっと布団の中で泣いていました。

 

トイレの水さえ流すのが申し訳なくて

トイレにも行けなくなってしまって

 

ああ、もう本当に消えて無くなりたい。

でも今消えても誰も気づかないよね〜。

そしたら今が良いタイミングなのかもしれない。

 

どうやって消えたら、周りの人に

迷惑をかけずにすむんだろう。

 

なんて思う毎日。

 

味噌作りを広めることになったきっかけ

 

1杯の味噌汁と出会う

働いていない自分が

食事をするのも申し訳ないので

 

食べない日が続いていたのですが

 

なんか食べなよ。

って言ってくれる人がいて

受け取ったのが

1杯のインスタント味噌汁。

 

味噌汁ね〜、久しぶりだわ。

 

なんて気持ちと、申し訳なさもありながら

渋々味噌汁を飲むと

 

 

 

お、おいしい・・・

なにこれ〜〜〜〜!!!

 

 

と一気に何かが目覚めました(笑

 

そこから、何故か涙が止まらなくなって

泣きまくって、泣きまくって

 

泣き疲れて

 

 

 

 

 

 

暇になって(笑

 

 

特に意味もなく、iPhoneをぽちぽちしていたら

植松努さんの動画と出会います。

 

Hope invites | Tsutomu Uematsu | TEDxSapporo

 

 

これを見て、また号泣。

 

 

人間って、どこまででも

泣けるらしい。

 

生まれて初めて、画面の向こう側だけど

人を否定しない人と出会った瞬間でした。

 

植松さんは、人を否定しない。

その代わり

「だったらこうしてみたら?」

と提案をすることで

もっと世界はより良い物になるでしょ。

 

と伝えています。

 

 

だったらこうしてみたらか・・・。

 

私にもなんか出来ることあるのかな。

 

自分を認めてくれる人との出会いが自分を変えた。

退職してから外に出ない日が多かったのですが

 

植松さんのことを調べているうちに

近日、福岡に植松努さんが

講演をしにくる事を知ります。

 

そして、その講演会の実行委員を

募集している記事を見つけて

気づいたら応募していて

気づいたら実行委員になっていて

 

 

 

気づいたら・・・

植松努さんと会えてお話ができていました。

 

 

私は勇気を出して植松さんに

うつ病になってきついときに

植松さんの動画を観て救われたから

どうしてもお礼が言いたくて

実行委員になった旨を伝えました。

 

そしたら、植松さんが私の手を握りしめて

「生きててくれてありがとう。」

って言ってくれて

また号泣。

 

講演会後の懇親会に行きたかったけど

退職してお金が無かった私に

植松さんが気づいてくれて

 

植松さんの講演会の懇親会なのに

植松さんが私の分の懇親会代を払ってくれました。

そして、懇親会で

隣の席に座ってくれて

 

何回も何回も

大丈夫だよ、大丈夫だよ

って言ってくれました。

 

この懇親会ですごく心が傷つけられた

ことがあったのですが

植松さんは

そういった酷い大人の方の

交わし方、対処の仕方を教えてくれました(笑

 

 

この時に、

世界には、人のことを否定しなくて

人のことを支えて、応援してくれる人も

いるんだな

って気づきました。

 

 

やりたいことが芽生えた。

植松さんとの出会いの後に

 

だんだん、考える余裕が出てきて

 

何がしたいかな〜。

なんて考えていたら

 

1杯の味噌汁で

ここまで来れたから

味噌を使った活動っていいよな。

 

というぼんやりとした

想いが芽生えます。

 

 

それから、お仕事を再開しながら

やったことのない講座を

開催できることになります。

 

 

お世話になっている方の紹介で

開催した初めての

麦味噌作り教室。

 

今思い出しても

課題点山積みの講座でしたが

 

なによりも、参加してくれた方が

楽しく味噌を作っていたり

 

前半の講座で、

発酵食品や味噌の栄養や

どのように体に良い働きを

もたらすのかを知って

実際に食卓で

手作りの味噌料理を撮影した

写真を送ってくれたりすると

 

心がほっこりして

やってよかったな。

と思ったのです。

 

この時に、「やりがい」

を感じた瞬間でもありました。

 

そして、私の活動の原点が

出来上がりました。

 

 

麦味噌を通じて自分を大切にする事を伝えたい。

という事を思うようになります。

 

そして、それからは

麦味噌作り教室を通じて

 

・食が体や心を作っていること

・過去の私の経験から学んだこと

・1杯の味噌汁で体が整い始める

・本物の食材からできた味噌の魅力

・皆で味噌を作る楽しさ

・皆でご飯を作って食べる事の楽しさ

 

を伝えてきました。

 

麦味噌の作り方なんて

今時、GoogleやYouTubeで

調べたら、たくさん出てきます。

 

それでも、私が

福岡のみならず、東京、大阪

などに行って麦味噌作りをする理由は

 

 

 

はじめての麦味噌作りの時に

ただ、麦味噌を作るだけじゃなくて

愛情を込めて味噌を作ることの大切さや

1杯の味噌汁がいかに体を変えるかを

直接お伝えしたいから。

 

です。

 

どうして「麦味噌」なの?

日本で有名な味噌の種類は

米味噌に対して、

 

私が全国で行っている

味噌作りの味噌の種類は

「麦味噌」です。

 

麦味噌というのは、

九州地方で食べ親しまれている味噌です。

 

私は福岡の地が大好きなので

福岡・九州で親しまれている

麦味噌を、全国の方に食べて欲しい。

この麦味噌の魅力を知って欲しい

と思っています。

 

 

更に栄養面でも、

麦味噌の魅力は満載です。

 

・米味噌よりも多く含む食物繊維、タンパク質

・お湯に溶かしたときに部屋中に漂う芳醇な香り

・ほっこりする優しい甘み

・お湯に溶かしただけでも

 お子様がゴクゴク飲んでしまうほどの純粋な旨味

 

 

あとは、個人的に麦が好きでして。

 

麦麹って可愛いんですよね。

 

よ〜く見るとぷっくり丸くて

繊維質なところも可愛い。

 

お味噌汁を作るときに

濾し器を使って麦味噌を濾すんですけど

その時に、濾し器に大量に

麦が出てくると

あ〜〜かわいい〜

ってなるんですよ。

 

もちろん、この麦も

濾し終わった後に味噌汁に戻して

余すところなくいただきます。

 

ぷちぷちした食感が

また、いいんですよね〜。

 

とにかく1回食べてもらいたい。

手作り麦味噌。

 

 

 

 

 

こんな方に来て欲しい。

これが私の

麦味噌作り教室を全国で開催する理由です。

 

どんな方と一緒に作りたいかといいますと

 

・健康の為に何か始めたいなと思っている。

・麦味噌って何かわからないから食べてみたい。

・手作り味噌を作ってみたかった。

・お子様と一緒になにか体験したい。

・体の内側から美しくなることに興味がある。

・珍しい発酵調味料を食べてみたい。

・いつもとは違う休日を過ごしてみたい。

・味噌作りとランチも楽しめるなんて最高って思った。

・この日空いてるから、来てやってもいいけどって思った。

・なんか分からないけど何か感じる物があったから来てみたい。

・笹村望ってどんな人なんやろうっていう興味心。

 

 

こんな方はウェルカムです。

一緒に麦味噌、作りましょう。

そして、味噌を作りながら

腸活管理栄養士の視点からも

食事についてお伝えさせて頂きますね。

 

 

お問い合わせ

下記LINEからお願いします。

 

LINE@のお友達登録はこちらから。

(イベント案内、

健康情報ブログ配信

オンラインサロン質問

オンラインサロン申込

私の腸活つぶやき など)

 

友だち追加

 

コメント